• ランキング1

APトルマリンシート 100cm×200cm

価格: ¥9,800 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter



トルマリンAPファイバーとは、A(アダン鉱山研究所)とP(大手電機メーカー)の共同研究によって生まれた、マイナスイオン発生量が優れた繊維です。
寝具や健康用品に応用されています。
静止状態でも常に、700~800個のマイナスイオンを発生しています。

トルマリンは圧力(摩擦など)や温度変化を与えないとマイナスイオンを発生しませんが、この特殊素材「APファイバー」はマイナスイオンを
常時発生させることに成功しました。


静止状態で長時間に渡って安定して、マイナスイオンが700(個/cm3) 程度出ているのが分かります。
 
APファイバー着用時の脳波ポトグラフ
シート ポトグラフ1
両製品の着用以前のα波は、ほぼ同程度で、β波は安静で目を閉じているので活動レべルは低いですが「AP-ファイバー」を着用後、強いα波が発生していることが認められます。

APファイバーの場合は副交感神経系が活発化し、反対に交感神経が抑制されていることを表し、リラックス及び集中など精神的安定効果があると考えられます。
 
 1血中酸素濃度
 グラフ11グラフ12 グラフ1血中酸素濃度
 
APファイバーは着用開始から約4分後に濃度の増加が認められ、更に着用終了時においても酸素濃度の増加が認められます。
このことは心肺機能ならびに代謝機能が高まることを意味しています。(グラフ1)
 2.皮膚抵抗への影響
 トルマリンシート グラフ2グラフ2・皮膚抵抗への影響
  皮膚抵抗の結果、APファイバーは着用から14分程度まで変化はなくより安定した値を持続していることから
副交感神経系が強く働きリラックスしていることを表している。(グラフ2)
 
  3.体温への影響
 トルマリンシート グラフ3サーモグラフ3・体温への影響
 体温への影響、首の温度変化は対称製品の場合、10分程度で飽和状態になるが、APファイバーの場合、20分以上経過しても飽和状態が認められない
これはAPファイバーによる体温上昇が顕著であることを意味し、遠赤外線効果によるものと考えられる。(サーモグラフ3)
 
 4.血流への影響(首の血流)
 トルマリンシート グラフ4グラフ4・血流への影響
  血流への影響(首の血流)APファイバーの場合は着用開始直後に一度増加が見られ14分後からも見られる。
この実験は椅子に座ったままであるので顕著な血流の増加ではないがそれでも対称製品に比べ増加している。
これは血液循環の増進を意味するものと考える。
 
 5.血圧への影響最大血圧
 トルマリンシート グラフ5グラフ5・血圧への影響最大血圧
血圧への影響最大血圧、最低血圧共にやや増加の傾向が現れている。
血圧差が大きくなることは「APファイバー」による効果で、より健康的な状態に作用していると考えられる。 

 本文の無断転写を禁止します。 2000年 東京電機大学 電子工学科 調べ

更に詳しい資料が必要な方はご連絡下さい。

APファイバーは 大手下着、タオル、寝具、内装会社等の企業様に採用されています。

APファイバーを利用しての商品開発につきましてもご相談下さい。








 

トルマリンとは

 
 
 

オーダー・ブレスレット

天然石専門 浦和店


 

お店カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間
平日 9:00~17:00

追加 お支払い方法


   Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク


    

店長ご挨拶

ユニラックイメージ画像

2002年開業
トルマリンから始まり 健康・環境改善素材を扱うお店として15年目を迎えました。

現在ショップのリニューアル中です。
新商品も随時アップしていきたいと思います。

未掲載商品もございますのでご質問等お気軽にお問合せ下さい。

ページトップへ